MINI CLUBMAN

MINI CLUBMAN

 

MINIは製造メーカーが何度か変わりMINIというブランドに大きな特徴がある車です。
最初のMINI CLUBMANの系譜は、MINIトラベラー 、MINIカントリーマン、MINI CLUBMANにあります。

 

1960年代に発売された、標準的な2ドアのエステートで、観音開きのバックドアを装備しています。
エステートとはステーションワゴンのことを指しています。

 

観音開きの特徴は、開口部が広いため、荷物の出し入れがとても楽である点が上げられます。
当時のMINI CLUBMANは今でもエンスーの方に特別視されています。

 

現在のMINI CLUBMANは、従来のMINI CLUBMANの特別観を残しつつ最良のモデルに仕上がっています。
ラゲッジスペースは、コンパクトなボディに260リットルから最大値930リットルまで拡大でき、MINIとしての風格を持ちながら、MINI CLUBMANとしてエステートに仕上がっています。

 

ドアは進化し、3ドアと観音開きのバックドアと2枚の合計5ドアになっています。
従来モデルは、2ドアででしたが、MINI CLUBMANではボディ右側にクラブドアがあり、進行方向とは逆向きに開く観音開きです。

 

この改良により、後部への乗車性が改善されました。
単にエステート化しただけでなく、走りのMINI最大の特徴であるゴーカートフィーリングは生き残っています。

 

エンジンスペックは、98psから211psと、自身の好みにあったパワーを手に入れることができます。
実際、市場での評判も高く、口コミサイトでは最高ランクのユーザー満足度を得ています。

 

ユーザー満足度は、外観と内装が特に高く、走りの良さが続いているようです。
英国製のMINIの当時は、国産車と比べ故障しやすいというイメージがありましたが、現在はMINIのスピリッツとBMWの技術により、BMW同様の品質を誇っています。

 

"